HOME > 症例
症例

症例

症例

出っ歯(上顎前突-じょうがくぜんとつ)

出っ歯(上顎前突)とは、上の前歯が、前に出ている噛み合わせのことをいいます。
歯の傾斜によって上顎前突になっている症例と、上顎全体が下顎に比べて大きく口元に突出感が見られる症例があります。

受け口(下顎前突-かがくぜんとつ)

前歯は、普通は上が外側、下が内側になって噛み合わせるようになっています。
これが反対になっている状態を、受け口(下顎閃突)といいます。
受け口(下顎閃突)には、下顎の過度な成長や上顎の成長不十分による骨格性のものと、上の歯が後方に傾斜したり下の前歯が前方に突出している歯性のものがあります。

叢生-そうせい(八重歯、凹凸、乱ぐい)

叢生(そうせい)は、狭い顎に歯が並びきることができずに、歯が重なり合って生えている状態をいいます。
八重歯が飛び出していることが多く、歯が非常に大きい場合や、顎が小さいためなどが原因として考えられます。
歯並びが悪いので、歯ブラシが届かず、虫歯や歯周病になりやすい傾向があるので、なるべく早く治すほうがよいでしょう。

すきっ歯(空隙知歯列-くうげきしれつ)

歯と歯の間に隙間(すき間)が開いている状態をいいます。
特に息が常に抜けるような状態は、聞きとりにくい不明瞭な発音になります。
虫歯や歯周病の原因にもなりやすい傾向があるので、なるべく早く治すほうがよいでしょう。