インビザライン通信

2017年4月28日 金曜日

お気軽に矯正を行えるインビザラインなら東京にある当院へ

一般的に、歯列矯正は歯の表面に器具を取り付けるため、それにより口元の印象が大きく変わってしまうという問題点があります。矯正はしたいけれど、治療期間中の見た目が心配という事で、なかなか治療に踏み切れないという方も多いでしょう。しかし今では、そのような心配の必要はなくなってきています。

インビザラインと言われる治療法はマウスピース矯正なのですが、透明の治療器具により、周囲の目を気にする必要がありません。インビザラインにおける大きなメリットは、「器具が透明」「取り外しが簡単」「器具が薄くて快適」などです。

周囲にバレない矯正方法という点では舌側矯正でも行えるため、インビザラインならではの利点ではありません。しかし、自由に取り外しが可能という点は優れた特徴です。通常の矯正器具は自分で取り外しする事は基本的には行えませんし、矯正が完了するまであまり外すという事はありません。

インビザラインは1日に20時間の装着ルールを守っていれば、食事や歯磨き、器具のお手入れを行うときなどは自由に外せて、口腔内を衛生的に保てるという大きなメリットがあります。

東京にある当院では、インビザラインによる歯列矯正が行えます。人に気付かれず、さらに快適に歯並びを整えていきたい方はぜひ、当院にご相談していただければと思います。

投稿者 医療法人社団MEDIQOL | 記事URL

2017年4月26日 水曜日

すてきな口元作りは、東京にある当院でインビザラインを

矯正治療は従来、ワイヤーやブラケットを歯の表面に設置し、歯を動かしていくのが治療法としてメジャーな手法でした。しかし、器具が目立って周囲に矯正していいることがわかってしまうほか、食べ物が挟まったり、金属アレルギーのリスクがあったりと、さまざまな問題点がありました。



特に、矯正している事を周囲に気付かれてしまうのが嫌で、あまり矯正を受ける気が進まない方も多かった事でしょう。今では見た目を気にせず、すてきな口元を作り出す事が可能になっています。



その矯正方法が「インビザライン」と言われるものです。



数ある矯正治療の方法がある中でインビザラインが多くの方に選ばれ、今や世界80カ国以上で利用されていると言います。マウスピースが透明であるため、器具をつけても目立つ事はなく、いつも通りにファッションやメイクを楽しめます。また、インビザラインは圧痛が軽減される特徴があり、一つのマウスピースで移動させる歯の距離は短く、それほど痛みを感じない事が特徴の一つです。



通院回数が少なく、同時にホワイトニングを行えたり、自由に自分で取り外しができたりと、とても使い勝手が良いものです。装着時間をしっかり守れて、歯の凹凸が過度でなければ、インビザラインで十分に歯並びを整えていく事が可能です。



東京にある当院ではインビザラインによる矯正を行っておりますので、ご希望される方はぜひ、ご相談いただければと思います。

投稿者 医療法人社団MEDIQOL | 記事URL

2017年4月19日 水曜日

インビザラインに興味がある方は東京の当院の矯正歯科へ

"歯の矯正治療を受けたいけれども、治療期間中の見た目が気になるという方はたくさんいます。しかし、インビザラインなら矯正装置が透明で、周りの目を気にせずに歯の矯正治療を受けられます。



仕事上、歯の矯正装置が目立つのはNGという方もいるでしょう。当然、女性の方は治療中の見た目が気になるはずです。しかしインビザラインなら、固定式の矯正装置のように煩わしいこともなく、生活を送る上での問題はありません。取り外しも可能なため口腔内の清潔さも保てます。



インビザラインによる治療を選択されると、来院回数が多くなり治療費も高くなってしまいます。しかし、インビザラインであれば、普段通りの生活で歯の矯正治療が受けられます。芸能人の方はインビザラインを選択することが多く、キレイな歯並びはインビザラインあってのものという方も少なくありません。



まずは、総合的な治療計画の立案と検討をし、患者様のご要望もお聞きいたします。東京にある当院では、数多くの患者様がインビザラインを選択し、治療実績も多くなっています。患者様の歯の状態やご要望をお聞きした上で、ニーズにマッチする治療を行います。



インビザラインで歯の矯正治療を受けたいという方は当院にご相談ください。"

投稿者 医療法人社団MEDIQOL | 記事URL

2017年4月12日 水曜日

快適、安心できる矯正「インビザライン」は東京にある当院へ

歯列矯正に対して、ワイヤーを使った目立つ矯正を想像される方は多いのではないでしょうか。今はインビザラインと言われる、目立たず快適な矯正方法があります。インビザラインにはさまざまなメリットがあり、やはり「目立たない」という点は、多くの方が安心感を覚えるでしょう。透明なアライナーを使用するため、器具を取り付けていたとしても、周囲に矯正を行っている事はバレません。ただ、バレないという意味では舌側矯正という歯の裏側に器具をつけ、目立たないように矯正する方法もあります。しかしインビザラインは、「取り外し」を簡単に行える利点があり、ご自身で簡単に脱着作業が行えます。

通常の矯正方法であれば、器具を自分で外す事ができませんので、食べ物が挟まった時など、お手入れをするのが大変なものでした。インビザラインの場合、1日に20時間の装着という決まりを守れば、ご自身で必要な時に外していても問題がありません。また、マウスピース矯正の中には、定期的に歯型をとるものもありますが、インビザラインはシミュレーションをコンピューターで行うため、通院回数が少なく、忙しい人でも安心です。

これらのように、インビザラインにはさまざまなメリットが隠されていますので、快適に矯正を始めたい方はぜひ、東京にある当院にご相談下さい。

投稿者 医療法人社団MEDIQOL | 記事URL

2017年4月 5日 水曜日

取り外し可能な矯正器具、インビザラインは東京にある当院へ

歯並びを治すために、矯正を受けてみたいと考えられた事はないでしょうか。

矯正は受けたいが「器具をつけた時の見た目が心配」で、
なかなか踏み切れない」という方も、いるかもしれません。

現在は、歯の表面に器具を取り付ける従来の方法ではなく、
マウスピースによる矯正を行われる方が多くなっています。

当院では、マウスピースで行うインビザラインを取り扱っていますが、
この矯正器具にはさまざまなメリットがあります。

まずインビザラインはマウスピースが透明で、
周囲の方から矯正している事が分かりにくいという利点があります。

それだけであれば舌側矯正でも可能ですが、
インビザラインの場合は、ご自身で器具を簡単に脱着出来るのです。

「食事の時」「歯磨きの時」「矯正器具を洗う時」など、
日常生活で必要な時に、自由に器具が外せるため非常に快適に感じられます。

ただし1日に20時間の装着が求められており、
十分な効果を得られない可能性があるため基本は装着するものです。

とはいえ、ワイヤーやブラケットを使った矯正のように、
器具が付いたままで食事がしづらい、食べ物が挟まるという問題からは開放されます。

インビザラインにはそういった問題点がなく、
快適に食事を楽しみ、衛生的にケアできる矯正方法です。

東京にある当院では、インビザラインに関するご相談を行っております。
ご希望の方はぜひご連絡頂ければと思います。

投稿者 医療法人社団MEDIQOL | 記事URL

カレンダー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31