インビザライン通信

2017年3月29日 水曜日

より快適にできる矯正「インビザライン」は東京にある当院へ

歯列矯正を行う方法は様々ありますが、
今注目度が高いものとして、インビザラインがあげられます。

これはマウスピース矯正の事を指しますが、
ワイヤーを使った矯正に比べ、多彩なメリットが存在します。

透明なため見た目が気にならない、歯への圧迫感を感じづらい、
取り外しが簡単で衛生的というのも魅力です。

またインビザラインは、他の装置とは型取りや通院にも違いがあります。

インビザラインの場合、歯の型取りは1回あるいは2回程度なのに対し、
他のマウスピース矯正では、2週間から4週間ごとに毎回する必要があるのです。

通院回数も、インビザラインの場合は4週から8週に1回程度なのに対し、
他のマウスピース矯正は、2週から4週に1回行かなければなりません。

矯正期間中、治療を受ける方が面倒と感じてしまうのは、
器具に関する問題に限らず、通院や診察の要素も大きいです。

インビザラインは型取りや通院回数も少ないために、
大切な時間をそれほど奪われず、快適に矯正を行っていけます。

歯の矯正を受けたいけれど、面倒臭さが強く踏み切れない方も多いと思います。

インビザラインは審美的、そして快適に矯正を行っていけるだけでなく、
面倒臭さが他の矯正方法に比べ少ないというのが大きな魅力です。

これから矯正を受けようか検討されている方はぜひ、
東京にある当院にご相談下さい。

投稿者 医療法人社団MEDIQOL | 記事URL

2017年3月22日 水曜日

快適に過ごせるインビザライン矯正なら東京にある当院へ

インビザラインは世界中で注目され、利用されている矯正方法で、
今は累計、140万件を超えるほど一般的になりつつあります。

従来の矯正と比べ良い点は、見た目、矯正中の快適さなどが特徴です。

まず、矯正に使われる器具は透明なマウスピース型になっています。
一般に「マウスピース矯正」と呼ばれるもので、
ワイヤーやブラケットを使用しません。

取り付けている時、じっとみなければ矯正をしている事がわかりませんので、
お仕事で人と会う事が多い方でも、安心して始められるのではないでしょうか。

また、取り外しを自由に行えるのも、インビザラインの特徴です。

定期的に新しいアライナーに取り替えて、徐々に歯を動かしていく矯正方法なので、
仕組み的にも簡単に取り外せます。

ご自身で取り外せるという事は、食事の時、歯磨きの時など、
必要な場面において、脱着を簡単に行えるという事です。

矯正器具を綺麗に掃除するのも可能なので、
衛生的に治療をしていけるというのは大きなメリットではないでしょうか。

ただ、1日に20時間以上装着していなければなりませんし、
あまりに外している時間が長いと、正しい効果が得られない可能性があります。

逆に言えば1日に4時間まで外せるという事でもありますので、
食事や歯磨き、入浴中くらいなら外しても全く問題無いでしょう。

東京にある当院ではインビザラインでの矯正を行っておりますので、
ご希望の方はぜひ、ご相談して頂ければと思います。

投稿者 医療法人社団MEDIQOL | 記事URL

2017年3月15日 水曜日

インビザラインで歯並びの悩みを解決!東京にある当院にご相談を

ご自身の歯を見て、歯並びを治したいと考えた事はないでしょうか。

悪い歯並びは、見た目的に良くありませんし、
虫歯や歯周病のリスクも高まるため、心配が残ります。

今、矯正をするのであれば、インビザラインがおすすめの方法です。

従来の治療とは違い、マウスピース矯正といわれる方法ですが、
こちらには様々なメリットがあります。

これまで、ワイヤーを使った歯列矯正を行われている方は、
歯の表面に器具をつけるため、見た目を気にされる事がありました。

しかしインビザラインの場合、器具が透明であるため、
一目で矯正しているとはわかりません。

歯並びの症例は人それぞれですが、
インビザラインは出っ歯、受け口、叢生、すきっ歯といわれる症状なら、
対応できる可能性が高いものです。

ただ、全ての症例にそれに対して対応出来るとは限りませんので、
まず気になる方は、ご自身の歯をインビザラインで治せるのか、
診察を受けるのが良いでしょう。

インビザラインは目立たない矯正というだけではなく、
ご自身で取り外しが簡単に行えるため、お手入れがしやすいなど、
様々な利点があります。

圧迫感が少なく、矯正期間中を快適に過ごせる方法であるため、
これまで矯正を受けようか迷っていた方は、特に始めやすいのではないでしょうか。

東京にある当院では、インビザラインによる歯列矯正を行っていますので、
ぜひご相談して頂ければと思います。

投稿者 医療法人社団MEDIQOL | 記事URL

2017年3月 8日 水曜日

インビザラインで笑顔を作りやすい!矯正のご相談は東京にある当院へ

歯列矯正を受けたいけれど、あまり気が進まない方は少なくないと思います。

時間的、費用的な問題もあるでしょうが、
矯正器具が目立つため、矯正期間中の不安を考えてしまう方もいるでしょう。

これまでの矯正器具は、金属製のワイヤーやブラケットを使い、
歯の表面に器具を設置されるのが一般的でした。

もちろん、現在に至っても同様の治療法は行われていますが、
やはり問題点としては、口を開けば必ず器具が見えてしまう事です。

人と話す時に気になったり、食事で口を開いた時に見られるのは、
矯正期間中に感じるストレスの一つかもしれません。

しかし、現在注目され世界中で使われている「インビザライン」は、
そのような見た目に関する悩みがないのがメリットです。

器具が透明なマウスピースなため、人の目を気にせず矯正を行えます。

器具を隠したいだけであれば、舌側矯正という方法もありますので、
それほど新しいメリットと感じない方もいるかもしれません。

インビザラインはマウスピース状のため、器具を自分で簡単に取り外せるのです。

このため、食事中に外す事はもちろん、
どうしても人と会うときに外したいという場合でも簡単に外せます。

1日に20時間以上の設置が、適切な効果を得るために必要ですが、
条件内であれば自分で勝手に外しても問題ありません。

矯正器具が外せるという事は、
自分で洗って衛生的に出来るというメリットもあります。

東京にある当院ではこのインビザラインによる矯正を行っていますので、
ご希望の方はぜひ、当院にご相談下さい。

投稿者 医療法人社団MEDIQOL | 記事URL

2017年3月 1日 水曜日

インビザラインでの矯正なら、東京にある当院にご相談下さい

人により、歯並びの整い方には違いがあります。

症例は様々ですが一般的には、
「出っ歯」や「すきっ歯」などがイメージされやすいのではないでしょうか。

出っ歯は前歯が前方に突出しているもので、
すきっ歯は、歯と歯の間に隙間ができてしまっているものです。

他にも、上の前歯が下の前歯の内側に入る「受け口」や、
歯並びが全体的に乱れている「叢生」と言われるものもあります。

中には食事や発音に悪影響を与えてしまうものがありますし、
さらには歯垢を落としづらく、虫歯や歯周病を起こしやすい事もあるのです。

そこで、悪い歯並びは矯正をして、整えるのが大切と言えます。

見た目を気にせず、快適に歯並びを治したいという事であれば、
インビザラインによる矯正がおすすめでしょう。

見た目が透明なマウスピースの矯正器具となっており、
さらにご自身で取り外しが可能です。

そのため、人の目を気にせず矯正を行っていく事が可能ですし、
衛生的に矯正器具をつけていられるというメリットがあります。

また、金属製の素材は使っておりませんので、
金属アレルギーの方も安心して、歯列矯正が行えるのも特長です。

従来のブラケット、ワイヤーを使った矯正方法とは異なり、
機能性が格段と高まっているのが、インビザラインが注目される理由です。

これから歯並びを改善したいと考えている方はぜひ、
東京にある当院にご相談して頂ければと思います。

投稿者 医療法人社団MEDIQOL | 記事URL

カレンダー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31