インビザライン通信

2013年11月26日 火曜日

インビザラインで目立たない矯正

矯正というと、痛いとか、ワイヤーが見えるので抵抗があるとおっしゃる方が多いです。
確かに、見た目が気になる歯並びを矯正するのに、歯並び以上に目立つワイヤーを取り付けることになるのなら、矯正を始めることに迷いが出てしまっても当然かと思います。

インビザラインなら矯正装置が透明なので装着していても目立ちません。
矯正中も安心して笑顔を見せることができます。
また、営業職の方などでいろいろな方と会う機会の多い方にオススメです。

それ以外にもインビザラインには、取り外しができるというメリットがあります。
お食事の際やブラッシングの際など取り外しができるのでお口の中を清潔に保つことができます。
その他、金属アレルギーの方でも矯正できるのが魅力です。
インビザラインでの矯正、東京の当院で是非一度ご検討ください。

投稿者 医療法人社団MEDIQOL | 記事URL

2013年11月25日 月曜日

インビザラインのメリットについて

インビザラインのメリットについてお話させていただこうと思います。

まず、一番にメリットと思われるのが、透明であるので装着していても目立たないということだと思います。
矯正というと見た目が気になるのでなかなかやれずにいる、という方が多いかと思います。
接客業や営業職など人と接する機会の多い方などには、特にお勧めしております。
またその次にメリットなのが、取り外しが出来るので衛生的ということです。
特に食事の時に取り外すことが出来るので、食べにくいなどのイライラもありません。
また、簡単に掃除できるので、口の中を清潔に保ちやすいので歯全体の健康にもいいと言えます。

他にもインビザラインについて何かご質問などございましたら、東京にある当院へお気軽にお越しください。

投稿者 医療法人社団MEDIQOL | 記事URL

2013年11月19日 火曜日

東京各所にてインビザライン治療可能

皆様、こんにちは。
歯並びが悪くて、笑顔に自信が持てない方はいませんか。
写真を撮る際に、口をあけないようにしている方はいませんか。
そのようなお悩みのある方、是非、インビザラインをお勧めします。

インビザラインとは、新しいアプローチの歯科矯正治療システムであります。
矯正治療と聞いて、銀色の針金を歯に取り付けた装具を思い浮かべませんでしたでしょうか。
インビザラインを利用しての矯正のメリットは、何と言っても装置が透明なことです。
装着していても目立つことはありません。
お仕事柄、営業や接客をされるため人前に出る方にもお勧めです。

取り外しも可能ですので、お口の中を衛生的に保てます。
東京、各所の歯科医院にて治療可能ですので興味のあるかたは是非お問い合わせください。

投稿者 医療法人社団MEDIQOL | 記事URL

2013年11月 7日 木曜日

当グループは、東京都内6か所の拠点があります。

歯並びをよくしたいけれど、固定の歯列矯正装置をつけることや、治療期間が長いなどの理由であきらめている方は、是非インビザラインでの歯列矯正治療をおすすめします。

この装置は、透明でマウスピース型をしています。
そのため、成人の方、接客業、営業のお仕事など、人とよく関わるご職業の方には特におすすめです。

歯磨き時は、取り外して普段どおりしっかり磨くことができ、口腔内は常に清潔に保てます。
つまり炎症が起こることも少ないでしょう。
そして、食事も普段どおり好きな物が食べられることも、固定式の歯列矯正装置と比べると大きな違いです。

このインビザラインは、装置が薄いものなので、不快感や違和感、また見た目も目立ちません。

この装置にご興味のある方は、一度当グループのクリニックまでお気軽にご相談ください。

投稿者 医療法人社団MEDIQOL | 記事URL

2013年11月 4日 月曜日

東京で目立たない歯科矯正と評判のインビザライン

「もう少し若ければ、考えたけど」とか「この年齢で今さら歯科矯正治療をしても」とおっしゃられる方がおられます。

でも考えてみてください。
例えば長らく歯並びに関してコンプレックスがあり、話す時は口元を手で隠す癖がついてしまっていたり、人目が気になって仕方がないという方、インビザラインで治療すればその長くて辛かったコンプレックスから解き放たれて、これからの人生、自信と心からの笑顔を取り戻せるのです。
性格が明るく変わった、何事にも意欲的になったという喜びの声も聞きます。

またインビザラインは矯正装置が透明なので目立ちにくく、営業職や販売職など人前に出る機会が多いご職業の方にもおすすめです。
まさに大人にも適した歯科矯正治療法と言えるでしょう。

思い切って、いや、どうぞお気軽に、まずご相談ください。

投稿者 医療法人社団MEDIQOL | 記事URL