インビザライン通信

2013年6月26日 水曜日

インビザラインの疑問にお答えします

インビザライン治療をする際に、インビザラインを紛失すると治療が中止になるのではないかと聞かれる場合があります。
患者さん別に歯型のデータをとってありますので、もう一度作りなおせます。

またインビザラインで治療中は食事ができないのではないかと考える方がおられます。
装置を取り外すことが可能ですので、気にせずに食事ができます。
食事制限はありませんが、歯を移動する為にたっぷりの栄養素が必要です。
バランスのよい食事を心かげて下さい。

インビザラインを装着すると話がしにくくなるのではないかと質問を受けます。
薄く滑らかな装置で凹凸がない為、装置に慣れればしゃべりづらさはあまり感じません。

東京の医療法人社団MEDIQOLではインビザラインの不安について丁寧にお答えします。

投稿者 医療法人社団MEDIQOL | 記事URL

2013年6月25日 火曜日

インビザラインの不安にお答えします

インビザラインを装着すると、目立つのではないかと心配される方がおります。
インビザラインは透明で薄く、周りに気づかれにくいです。
矯正中に虫歯になったらどうしようと聞かれる事もあります。
虫歯は通常通り治療が出来ます。
勿論装置を取り外して正しい歯磨きをする事が何より大切です。
またインビザラインは型をとってからマウスピース装着まで少し期間がかかりますが、治療を開始すると他の矯正装置と大差はありません。

豊富な経験をもとにインビザラインを使った治療を行っていきます。
症例によってはインビザラインだけでは困難な場合もあります。
その際にはきちんとご説明させていただきます。

気になる事があれば東京の医療法人社団MEDIQOLにお問い合わせください。

投稿者 医療法人社団MEDIQOL | 記事URL

2013年6月24日 月曜日

矯正歯科の必要性を考える

今回は矯正歯科の必要性について考えて見ましょう。
良い咬み合わせは考える力を産み、きれいな歯並びは美しい笑顔を作り、感じのよい口もとは第一印象を良くします。
歯並びの矯正は口腔内の健康の第一歩です。

歯並びの矯正は歯の位置や顎の骨を長い時間かけて少しずつ移動させます。
歯並びを矯正し、正しい咬み合わせにすることが最終目標です。

咬み合わせが悪いと全身の健康に影響を与えます。
欧米では歯並びがきれいであることが当たり前で歯列の矯正は必須です。
日本では八重歯がかわいらしいと言われた時代がありましたが、最近は欧米と同じ考え方に変化しています。

東京の医療法人社団MEDIQOLではインビザラインシステムを利用した新しい矯正治療を推進しています。
お気軽にご相談下さい。

投稿者 医療法人社団MEDIQOL | 記事URL

2013年6月21日 金曜日

東京でインビザラインとワイヤー矯正を比較

今回はインビザラインとワイヤー矯正を比較したインビザラインの利点をお伝えします。

インビザラインは透明で目立たず、ワイヤーと比較して目立ちません。見た目が気になる方にはうってつけです。

またインビザラインは取り外し可能なため、食事がしやすい、歯磨きがしやすいという利点があります。
歯磨きやしやすい、ということは当然虫歯や歯周病のリスクが減ります。
ワイヤーは食事中に舌や頬粘膜を噛んでしまう事があります。
歯磨きもしにくく、歯周病や虫歯のリスクが高くなります。

インビザラインは金属を使わない為、金属アレルギーをお持ちの方でも、金属アレルギーを引き起こす心配もありません。
ワイヤーは金属を使いますので金属アレルギーをお持ちの方はアレルギーの心配が考えられます。

投稿者 医療法人社団MEDIQOL | 記事URL

2013年6月17日 月曜日

東京でインビザライン治療はMEDIQOL

当医院では、インビザラインという歯科矯正理論と三次元画像化技術やCAD/CAM等の最先端技術を使った歯科矯正システムを推進しています。
今回はインビザラインの歴史をご紹介します。

1997年に米国食品医薬品局(アメリカFDA)の医療品として認可されました。
1999年にアメリカで販売開始され、インビザライン治療が始まりました。
2006年になると、日本にアライン・テクノロジー・ジャパン社が設立されました。
2年後の2008年に日本での薬事法上の認可がおり日本でもインビザライン治療を行う事ができるようになりました。

2011年の時点で、約7万人の歯科医師がインビザライン治療を行う為の認定を受け、世界で約173万人の患者さんがインビザライン治療の恩恵をうけています。

投稿者 医療法人社団MEDIQOL | 記事URL