インビザライン通信

2017年6月21日 水曜日

東京にある当院なら高い技術のインビザライン治療が可能です

マウスピースを用いて歯列矯正を行う方法は色々ありますが、インビザラインがそれらとどう異なるのかご説明します。

まず治療に用いる技術の高さが大きな特徴です。先端をいくCTスキャン技術を使い、治療前の歯の状態と、そこから治療完了までの歯の動きを、3Dアニメーション動画で細かくシミュレーションできます。そのデータをもとに、CAD/CAM(光造形)技術によりマウスピースを作成します。

治療完了までの歯の動きをシミュレーションできているため、そこまでに必要なマウスピースを一度に製造することが可能で、万が一紛失や破損が発生した場合も迅速に再作成が可能です。

さらに、歯の型取りと来院の回数が比較的少ない点もインビザラインの特徴です。

他のマウスピース矯正の場合は、治療終了まで2~4週間毎に1度型取りのための通院が必要です。それに対してインビザラインは1回~2回のみで済みます。通院回数は、他のマウスピース矯正が2~4週間毎に1回程度に対し、インビザラインなら4~8週間毎に1回程度です。

本当にそんな方法で矯正できるのかと、疑問に思われる方もいらっしゃいますが、非常に多くの方がインビザラインで美しい歯並びを手に入れておられます。興味をお持ちの方は、東京にある実績豊富な当院へぜひご相談ください。

投稿者 医療法人社団MEDIQOL

カレンダー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31