インビザライン通信

2017年6月14日 水曜日

インビザラインの実績豊富な歯科をお探しなら東京にある当院へ

インビザラインは、マウスピースタイプの矯正治療器具ですが、どのような状態の歯に対応できるのか、今回はその症例をご紹介いたします。

「出っ歯」と呼ばれる上顎前突。上の前歯が前に出ている状態をいいます。前歯で食べ物を嚙み切りにくいことがあります。

「受け口」と呼ばれる上顎前突。下の前歯が前に出ている噛み合わせの状態をいいます。口の中に食べ物が残りやすいことがあります。

「叢生(そうせい)」とよばれる八重歯や乱ぐい歯。狭い顎に歯が並びきらず、歯が重なり合って生えている状態をいいます。笑顔を苦手に感じる方もいます。

「すきっ歯」と呼ばれる空隙歯列。息が抜けるため、発音が不明瞭な場合があります。

歯並びに関するお悩みをお持ちの方は、これらのいずれかの症例に当てはまるのではないでしょうか。歯並びを治療することは、見た目の美しさもそうですが、虫歯をできにくくすることにも繋がるため、早期の治療をお勧めいたします。

東京にある当院では、これらの症例をインビザラインによって矯正した実績が数多くございます。それらの実績もふまえ、患者さんのさまざまなお悩みにご対応可能ですので、美しい笑顔を手に入れるためにもまずはお気軽にご相談ください。

投稿者 医療法人社団MEDIQOL

カレンダー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31