インビザライン通信

2017年5月 2日 火曜日

歯列矯正を快適に行うなら東京にある当院でインビザラインを

乱れた歯並びを治すためには、歯列矯正を行う必要があります。それは、見栄えを良くするためにも必要な事ではありますが、虫歯や歯周病を予防する意味合いも含まれています。



しかしワイヤーを歯の表面に取り付けた従来の矯正方法は、見た目の関係からあまり気が進まない方が多いのではないでしょうか。器具をつけてから1年、2年間と過ごさなければならないため、仕事や人付き合いがある方は、不安に思うのも仕方がありません。



そういった矯正に対する見た目の悩みを抱える方におすすめなのが、インビザラインと言われるマウスピース矯正の一つです。透明の器具として作られていて、凝視しても器具をつけているか分かりづらく、矯正期間中に、周囲の目を気にする必要性が無くなります。さらに、ご自身で取り外しが簡単に行える事も大きなポイントです。



従来のワイヤーを使った矯正は、ご自身で取り外しを行えるものではなく、食べ物が挟まったり、歯磨きがしづらかったりといくつか問題がありました。しかしインビザラインの場合は1日に20時間の装着を守っていれば、残りの4時間は外していても問題ありません。器具を外し、お手入れをしたり、歯磨きや食事をしたり出来ますので、清潔的に保てる事も、インビザラインにおける特徴の一つです。



東京にある当院ではこの「インビザライン」を治療器具として取り扱っています。これから矯正を検討されている方はぜひ、当院にご相談下さい。

投稿者 医療法人社団MEDIQOL

カレンダー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31