インビザライン通信

2016年10月31日 月曜日

見えない矯正インビザラインは東京にある当院へ!

悪い歯並びを治すために行われる歯列矯正に対して、
銀色のワイヤーが目立つ印象を受けている人は多いのではないでしょうか。

確かに、従来の治療法ではワイヤーを使っているものが主流であったため、
どうしても人に見られる事はほとんど避けられませんでした。

ワイヤーを使ったものでも「舌側ワイヤー」などでは目立たなかったものの、
食事や歯磨きをしづらいという問題点がありました。

そこで、今注目されているのが目立たない矯正のインビザラインです。

透明のマウスピースを使った歯列矯正なので、
人に見られる心配がなく、お手入れも簡単に行える利点があります。

口腔内を傷つけたりアレルギーを起こしたりするほか、
取り外しが簡単であるため、扱いやすい器具です。

ただ、インビザラインだけでは治療が難しい症例がある事もみられ、
その場合にはワイヤーやブラケットを使った治療を、
並列して行う場合もあります。

また、インビザラインは1日に20時間以上の装着が必要です。
装着時間が規定より短いと治療計画に支障をきたしてしまうため、
食事や歯磨きの時以外は、基本的に装着しているのが望ましいです。

東京にある当院では、インビザラインの治療を行っております。
人に見られず、快適な矯正を行ってみたいという方は一度、
当院にご相談して頂ければ、治療計画を立てさせて頂きます。

投稿者 医療法人社団MEDIQOL

カレンダー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31