インビザライン通信

2016年3月18日 金曜日

インビザラインか一般矯正かお迷いの方は東京にある当院へ

歯並びを治す歯列矯正の方法と言っても種類は様々です。
大きく分けるとワイヤーやブラケットを使った一般矯正と、
マウスピースを用いるインビザライン矯正です。

この二つを比較して異なる大きな点としては、
矯正器具の見た目、取り外しの可否と言えます。

インビザラインの場合、矯正器具は透明にできているために、
見た目を気にすることはありません。
さらに、取り外しが簡単なため、
いつも清潔にしている事ができます。

それに対し一般矯正は、
歯の表面に器具を設置すると目立つ事、
取り外しは矯正が完了するまで行えないという事があります。

また、インビザラインの場合は定期的に器具を取り替えるために、
歯が移動していく状態を実感しやすいというのもあります。

取り外しは容易ではあるものの、
1日に20時間以上の装着が必要なので、
外す時は主に食事の時や歯磨きを行う時などがあげられるでしょう。

東京にある当院では、インビザラインを使った歯列矯正を行っています。
ワイヤーやブラケットを使った矯正ではない方法をしたいという方は、
一度当院にご相談して頂ければと思います。

投稿者 医療法人社団MEDIQOL

カレンダー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31