インビザライン通信

2014年9月12日 金曜日

東京でインビザラインのことなら当歯科医院へ

歯のかみ合わせが悪い、あごが痛い、
などは先天的な原因と、後天的な食生活によって影響されてしまうことがあります。
本人は気付かなくても、症状が悪化してしまうと、
食べ合わせ全体に悪影響を与えてしまうことがあります。

顎関節症のような場合には、顎を強くぶつける、
交通事故で転倒して頭部をぶつける、などによって引き起こされることがあります。
初期の段階では自覚症状が無くても、かみ合わせによって、
肩こりや頭痛のような症状を引き起こすことがあります。

噛み合わせが悪いと、食事全般にも悪い影響が現れますし、
不健康な生活が続けてしまうことになります。
胃腸への負担も多くなり、消化不良を引き起こす危険があります。

歯並びが悪いのは見た目にもよくなく、
女性の方では気にかける方も珍しくありません。
ですが、ワイヤーの歯の矯正では目立つということで避けている方もいます。

そのような場合、透明な「インビザライン」を使うことで、
矯正している状態は目立たないので大変お勧めです。

出来る限り早めに歯の治療をすることによって、
歯全体の負担も大幅に小さくすることが可能ですので、
もしお困りな場合にはできる限り早めにご相談されることをお勧めいたします。

投稿者 医療法人社団MEDIQOL

カレンダー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31