インビザライン通信

2013年9月25日 水曜日

こんな装置で本当に歯が動くのかという疑問について

透明で取り外しができる矯正装置、とても薄いことでワイヤーを使っての従来の固定式の矯正装置のような不快感や違和感がないなどのメリットがあげられるインビザラインですが、このような矯正装置で本当に歯が動くのかという疑問の声もたくさん聞きます。

インビザラインは可撤式で弾力的な装置を形状の異なるものに矯正の進度に伴って徐々に交換していくことで、歯を段階的に移動させるという概念を持った矯正方法です。

治療計画の段階から、最先端のCTスキャンを駆使し3次元的な診断および歯の移動シュミレーション、3Dアニメーション動画を詳細に表示することが可能です。

治療計画の策定から歯の移動を視覚的に把握でき矯正治療完了までしっかりとフォローし矯正成功に繋がります。

投稿者 医療法人社団MEDIQOL

カレンダー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31