インビザライン通信

2013年4月27日 土曜日

比較、海外と日本のリスクに対する考え方

先日、日本在住の韓国の方と「リスクに対する考え方」についてお話をする機会がありました。
良い悪いは別にして、比較的日本人はリスクに対してかなり慎重であると。
それに対して海外ではリスクがあったとしても得られる効果が大きいと判断すれば、まずは挑戦してみるのだそうです。
そういう意味では日本での歯科矯正についても同じことが言えるのではないでしょうか。
必要に迫られて虫歯の治療には通うけれど、今すぐ生活に支障がなければ時間と費用がネックとなっている。
または、歯並びが整っていくのは嬉しいことだが、器具を装着するのが痛そうだとか、つらそう、などのイメージから敬遠されているのでしょうか。

歯科矯正は、ほぼ保険適用がないため確かに高額です。
ですから、最新技術と綿密なカウンセリングで効率的な治療をする必要があります。
費用はローンクレジットなど分割払いの相談も医院によっては準備しているところもあります。
ただ、矯正治療も 唇顎口蓋裂(しんがくこうがいれつ)などの診断を受けた場合には保険適用される場合があります。
その場合、医療費控除の対象になることがありますので、医師の診断書とともに控除の申請をしてください。

また、治療中の見た目から来る不自由さについては、最新技術によってかなり改善されてきております。
そして何より、歯並びとかみ合わせが良くなることで、口腔内の清潔が保ちやすくなり虫歯のリスクがかなり軽減されます。
人によっては頭痛なども改善され体調が良くなったなどの嬉しい効果も期待できます。
さあ、歯並びがご心配の皆さんも一度専門医にご相談なさってはいかがですか。

投稿者 医療法人社団MEDIQOL

カレンダー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31