インビザライン通信

2013年3月21日 木曜日

インビザライン矯正を行う人の病例

インビザライン治療のMEDIQOLです。
インビザラインについての疑問やメリットについてお話してまいりました。

今回はさらに具体的な病例をあげてみますので、よりインビザラインの必要性を実感していただければと思います。
前歯で食べ物をかみ切りにくいとされる出っ歯の方は上の前歯が出てしまっています。
逆に下の歯が前に出てしまったり、上の歯が後方に傾斜してしまう受け口は、食べ物が口の中に残りやすくなりがちです。

歯と歯の間が開いてしまっている状態はすきっ歯になります。
息が常に抜ける状態になると聞き取りにくい発音になることもあります。

また虫歯や歯周病の原因にもなりやすいので一刻も早く治した方がよいでしょう。
叢生は、狭い顎に歯が並びきれずに重なってしまう状態をいいます。

魅力的ともとれる八重歯もその中に入ります。
現代の子供たちは顎が発達しにくくこの状態になりがちとも言われています。

このような状況に少しでも当てはまると思われたらまずはご相談にいらしてください。
矯正の相談料は無料ですし、虫歯や歯周病が判明しましたら保険適用となります。

悩む前にアクションありきです。

投稿者 医療法人社団MEDIQOL

カレンダー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31