インビザライン通信

2012年12月26日 水曜日

インビザラインと他の装置との違いとは

最近では、審美的にもきれいで、より優しい歯科矯正治療を進めていくことを目的に、インビザラインの他にも透明のマウスピースを使った歯科矯正治療があります。
しかし、決定的な違いがあるのです。

インビザラインは、コンピューター画面上で矯正歯科医の治療計画を忠実に再現し、3Dで完了までの歯の移動シミュレーションまでも見ることができ、視覚的にも治療の流れを把握できるという歯科矯正治療システムで、コンピューターで歯の動きを事前予測できます。

つまり、初回に歯型を取ればそれで治療完了までの計画がわかりますので、ほぼその後の歯型取りは必要なく、来院回数も1カ月ないしは2カ月ごとに1回で済みますが、他のマウスピースは、毎回歯型取りが必要で、来院も2週間から4週間ごとに1回必要となります。
インビザラインは、透明のマウスピースというだけでなく、来院回数などの患者様の負担も軽減することが可能なシステムなのです。

お一人お一人の歯の状態次第では、インビザライン以外の矯正治療をお勧めすることもあるかもしれませんが、当グループではもちろんインビザライン以外の歯の治療も適切に提供していきます。


矯正治療などで迷われて悩んでいる方は、ぜひ当MEDIQOLグループへお問い合わせください。

投稿者 医療法人社団MEDIQOL

カレンダー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31