インビザライン通信

2012年11月15日 木曜日

インビザラインの優れている点とは

まず、従来のようなワイヤーではなく、専用の透明なマウスピースを使って矯正を行うため、誰にも気づかれません。

通常は、このマウスピースを2週間ごとに新しいものに交換して、歯を少しずつ移動させていきます。
そして、マウスピースは取り外しが可能なため、普通に食事をすることができます。


ワイヤーであれば、食事中に食べ物がひっかかってしまう恐れもありますが、その心配はありません。
また、歯磨きも普段通り行うことができ、虫歯や歯周病になる可能性が低くなります。
そして、このマウスピースはプラスチックでできているため、口腔内に傷が付くことはなく、金属アレルギーのある方でも安心して装着できます。


次に、他の装置と比べると痛みが少ないことが挙げられます。
初めて装着した時や、装置の調整をした時は若干痛みがありますが、通常2日から5日程度で和らぎます。

そして装置自体がとても薄く、装着時の違和感や不快感が少ないため、発音に支障をきたすことがなく、自然に話すことができます。

投稿者 医療法人社団MEDIQOL

カレンダー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31